閉じる

カートに商品が入りました。

  • お手元のカタログで購入
  • オンラインカタログを見る最新カタログをオンラインでご覧いただけます。
  • オンラインショップ
  • ホーム > 
  • 頒布会 > 
  • ■季節を愉しむ京のおばんざい12ヵ月

  • 頒布会

商品番号:073-058

■季節を愉しむ京のおばんざい12ヵ月

お支払総額69,600円(税込)
(税抜価格 64,452円)
毎回5,800円(税込/配送料込)

京野菜や魚介、旬の食材を用いて手間を惜しまず仕上げた、京都の四季薫る全36品。

2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されるなど、和食は今や日本が世界に誇る食文化です。その献立の基本は主食であるご飯を美味しく食べるための「一汁三菜」。今回ご紹介するのは、食材にも献立にもこだわった「三菜」をお届けする、おばんざいの頒布会です。おばんざいといえば日常のおかずが想像されますが、今回ご用意したのは自宅に居ながらにして京都の四季が愉しめるハレ(祭事)の献立。毎月、「季節の食材」「京野菜」「魚介」の3種類をそれぞれ一品、全36品を一年にわたってお届けします。
お届け期間/回数 期間:12ヵ月/回数:12回
お申込み締切日 2017年6月30日(金)
お届け開始日 2017年7月下旬からお届け開始
その他 ※価格には冷凍便配送料が含まれています。
7月から2018年6月までの12ヵ月間、毎月下旬にお届けします。
※アレルギー物質
についてのご注意
原材料の一部に卵、小麦、いか、鮭、鯖、大豆、牛肉、豚肉、鶏肉を含みます。詳しくは商品個々の表示をご確認ください。

シェアする

※ご購入前にご確認ください※

冷凍便

賞味期間:冷凍で180日/日本製

※頒布会商品につき、途中退会はご容赦ください。
※こちらの商品の交換・返品はお受けできません。
※この商品は、島しょ地域にはお届けできません。
※ご注文後に「お届けに関するご案内」メールをお送りいたしますので、お届け期間をご確認ください。

●写真は調理・盛り付け例です。食器・トッピング類等は商品に含まれません。
●賞味期間は商品お届け後の期間ではありませんので、あらかじめご了承ください。
●いずれも収穫や天候により配送時期が前後したり見合わせる場合があります。
●食材の切り方、数量は変更となる場合があります。
●配送料込みの商品を除き、お届けには別途配送料を申し受けます。


国産の食材にこだわり手間を惜しまず丁寧に仕上げた、京の四季が息づくおばんざい。

毎月お届けする3種類のおばんざいのうち、「季節の食材のおばんざい」は四季折々の旬の食材が主役です。京たけのこ(春)、鱧(夏)、湯葉(秋)、甘鯛(冬)の四季の食材が食卓に京都らしさを演出します。「京野菜のおばんざい」は、賀茂なす、九条ねぎ、聖護院かぶといった、ブランド野菜として名高い、見た目も味わいも独特な京野菜の持ち味をぞんぶんに引き出した献立。西京焼きや幽庵焼きなどからなる「魚介のおばんざい」も、主菜として食卓に花を添える一品揃いです。
調理を手がけたのは、京都府調理食品商工業協同組合の理事長を務める、「京食」の村山由行氏。食材ごとに別々に調理してから最後に合わせるなど、ひと手間を惜しまず京都市内の工場で丁寧に仕上げ、京都から直送します。食材にもこだわり、調味料以外の肉・魚介・野菜・大豆製品は京都中央卸売市場で仕入れた国産材料のみを使用するなど、今回のおばんざいのために食材も吟味しました。冷凍便でのお届けで、冷蔵庫で解凍するだけで召し上がれるのも魅力です。季節の献立が手軽に愉しめ、日本が誇る伝統の食文化を心ゆくまで堪能できる本格派のおばんざい。京都の四季が薫り立つ美味しさに、毎月のお届けが待ち遠しくなることでしょう。

鱧の骨切りを行う村山氏。社長就任後も自ら調理場に立ち、農林水産大臣賞を受賞するなど技術に定評があります。

京都市西京極で昭和16年に創業した「京食」。昔ながらの製法で手間ひまかけて少量ずつ作るおばんざいが評判です。

こだわりの素材【京野菜】

京都の恵まれた風土と水に育まれ、京料理の貴重な材料として独自の食文化を支えながら発展してきた京野菜。独特の形や色、奥深い味わいを持つ京野菜の旬と特徴をご紹介します。
万願寺とうがらし/6月~8月
肉厚でボリュームたっぷりの大型の唐辛子。甘さと柔らかさが特徴で、種が少なくて食べやすいためさまざまな調理法で食される。
伏見とうがらし/6月~8月
唐辛子の中で最も細長い品種で辛味がない。古くは伏見を中心に栽培されていたが、現在では京都府内全域で作られている。
賀茂なす/7月~9月
1個250~350gほどになる大型の丸なす。肉質が締まっているため煮崩れしにくく、丸い形を活かした田楽が親しまれている。
九条ねぎ/通年
口当たりが柔らかで甘味があり、葉の内部に独特のぬめりがある。香りが非常によいため、薬味以外にも煮物などに用いられる。
京壬生菜/通年
1800年代にみず菜の自然交雑でできた野菜で、葉がヘラの形をしているのが特徴。さっぱりとした口当たりで風味がよい。
聖護院かぶ/11月~1月
約280年前から作られており、球形でどっしりした大きさが特徴。肉質はきめが細かく緻密で、歯切れのよい食感が愉しめる。千枚漬でもおなじみ。
丹波黒豆/通年
大粒でしわがなく、煮炊きしても型崩れしにくいのが特徴。見た目の美しさから、おせち料理や和菓子などでも重宝される。
京たけのこ/3月~5月
えぐみが少なく甘味に富む。肉質が柔らかいため、天ぷらやお吸い物はもちろん刺身などにしてもよく、幅広い調理法で味わうことができる。

毎月のお届け例

毎月下旬に3種類のおばんざいを2袋ずつ、計6袋を冷凍便でお届けします。それぞれの袋は約2人前の分量です。

保存上の注意

商品到着後はすみやかに-18℃以下の冷凍庫に保存し賞味期間内にお召し上がりください。一度とけたものを再び凍らせますと、味、色、歯触り等の品質が変わりますのでご注意ください。

お届け内容詳細

1月お届け【一】甘鯛の塩焼きと海老芋の煮物/【二】鰤の幽庵焼き/【三】丹波黒豆の五目煮

【一】は香ばしく焼き上がった甘鯛と、旨みを凝縮した煮汁をたっぷり吸い込んで柔らかく煮えた海老芋の対比が絶妙。【二】は柚子風味の特製たれに漬けた鰤を直火でじっくりと焼き上げました。脂ののった鰤にたれがよく絡み、得もいわれぬ美味しさです。ふっくらした丹波黒豆が主役の【三】は、京都の定番のおばんざい。2種類の豆や肉厚の昆布、椎茸といった素材ごとの食感の違いが愉しめます。

「お届け内容」
【一】甘鯛の塩焼きと海老芋の煮物×2袋

内容量(1袋):120g/主な具材:甘鯛、海老芋
【二】鰤の幽庵焼き×2袋
内容量(1袋):100g/主な具材:鰤
【三】丹波黒豆の五目煮×2袋
内容量(1袋):80g/主な具材:丹波黒豆、大豆、人参、昆布、椎茸
※【一】の南天の葉、【二】の笹の葉は商品に含まれません。

2月お届け【一】甘鯛の竜田揚げ/【二】烏賊の黄身焼き串/【三】京壬生菜とじゃこの煮物

【一】は甘鯛に酒水と塩で下処理をするというひと手間が美味しさの秘訣。ふんわりと揚がった身をかみしめると、旨みが口に広がります。格子状に切れ目を入れたひと口サイズの烏賊を特製のたれと卵黄にくぐらせて香ばしく焼き上げた【二】。飾り切りを施した、見た目にも愛らしいおばんざいです。京壬生菜に出汁を含ませ、じゃこや油揚げと合わせた【三】は、さっぱりとした飽きのこない仕上がりです。

「お届け内容」
【一】甘鯛の竜田揚げ×2袋

内容量(1袋):120g/主な具材:甘鯛
【二】烏賊の黄身焼き串(4串)×2袋
内容量(4串):40g/主な具材:烏賊
【三】京壬生菜とじゃこの煮物×2袋
内容量(1袋):80g/主な具材:壬生菜、片口いわし、油揚げ
※【一】の大葉、【二】の花穂じそは商品に含まれません。

3月お届け【一】京たけのこの木の芽和え/【二】真鯛の西京焼き/【三】九条ねぎのすき焼き風味

京たけのこの穂先のみを使用した【一】は、やわらかい食感が愉しめます。味の決め手は西京白味噌に山椒の葉とほうれん草を入れて手作りした木の芽味噌。春風を感じさせるさわやかな味わいです。
【二】も西京白味噌仕立て。じっくり漬け込んで焼いているため、弾力のある白身に味噌の旨みがしみ込んでいます。九条ねぎと牛肉のすき焼きにたけのこと湯葉を加えた【三】は、ご飯が進む美味しさです。

「お届け内容」
【一】京たけのこの木の芽和え×2袋

内容量(1袋):80g/主な具材:たけのこ
【二】真鯛の西京焼き×2袋
内容量(1袋):70g/主な具材:真鯛
【三】九条ねぎのすき焼き風味×2袋
内容量(1袋):120g/主な具材:九条ねぎ、牛肉、たけのこ、玉ねぎ、湯葉
※【一】の山椒の葉、【二】の南天の葉、【三】のご飯は商品に含まれません。

4月お届け【一】京たけのこと豚肉の炊き合わせ/【二】鮭の幽庵焼き/【三】京壬生菜と烏賊の炊き合わせ

京たけのこの穂先を炊き上げ、豚の角煮と合わせた【一】。別々に炊いて最後に合わせることで、京たけのこに豚の旨みがよくなじんでいます。【二】は脂ののった鮭を柚子風味のたれに漬け込み、直火で幽庵焼きに。鮭の身にたれが絡んでとろける美味しさです。しゃきしゃきとした京壬生菜とやわらかく煮た烏賊の両方が愉しめる【三】。こちらも素材ごとに調理し、最後に合わせて仕上げています。

「お届け内容」
【一】京たけのこと豚肉の炊き合わせ×2袋

内容量(1袋):80g/主な具材:たけのこ、豚肉
【二】鮭の幽庵焼き×2袋
内容量(1袋):70g/主な具材:鮭
【三】京壬生菜と烏賊の炊き合わせ×2袋
内容量(1袋):120g/主な具材:壬生菜、烏賊
※【二】の笹の葉は商品に含まれません。

5月お届け【一】京たけのこと鰊の煮物/【二】鮭の西京焼き/【三】丹波黒豆入り京煮しめ

ひと手間を惜しまず、京たけのこと鰊を別々に調理して最後に合わせた【一】は、鰊の風味がたけのこと調和しています。鮭を西京白味噌の味噌床にじっくり漬けて香ばしく焼き上げた【二】は、鮭の旨みと甘味が際立つ一品に。やわらかく炊き上げた丹波の黒豆を加えた【三】。ことことと「煮しめ」た、たけのこ、人参、牛蒡といった多彩な素材の持ち味を活かして仕上げた上品な味わいです。

「お届け内容」
【一】京たけのこと鰊の煮物×2袋

内容量(1袋):80g/主な具材:たけのこ、鰊
【二】鮭の西京焼き×2袋
内容量(1袋):70g/主な具材:鮭
【三】丹波黒豆入り京煮しめ×2袋
内容量(1袋):100g/主な具材:丹波黒豆、たけのこ、牛蒡、人参、鶏肉
※【一】の山椒の葉、【二】の笹の葉は商品に含まれません。

6月お届け【一】鱧の落とし(湯引き) 梅肉味噌添え/【二】帆立貝の幽庵焼き/【三】万願寺とうがらしと豚肉の炙り味噌和え

鱧の白さと梅肉味噌のコントラストが目にも涼やかな【一】。その名は氷水に「落とし」て一気に冷やすことで旨みを凝縮させる調理法に由来し、美しい見た目から「牡丹鱧」とも呼ばれます。【二】は大粒の帆立を一度蒸した後、柚子入りの特製たれで焼き上げました。丁寧に下処理をした万願寺とうがらしと豚の角煮を別々に炊いてから最後に特製味噌で和えた【三】。味噌は炙ることで香ばしさを引き出しています。

「お届け内容」
【一】鱧の落とし(湯引き)×2袋 梅肉味噌添え

内容量(1袋):90g/主な具材:鱧/梅肉味噌(別添)30g×2袋
【二】帆立貝の幽庵焼き×2袋
内容量(1袋):70g/主な具材:帆立
【三】万願寺とうがらしと豚肉の炙り味噌和え×2袋
内容量(1袋):80g/主な具材:万願寺とうがらし、豚肉
※【一】のもみじ、【二】の大葉は商品に含まれません。

7月お届け【一】鱧と湯葉の炊き合わせ/【二】穴子の時雨煮/【三】伏見とうがらしのじゃこ和え

丹念に骨切りした鱧と湯葉を醤油味に炊き上げた【一】。小さめに刻んだ穴子を濃口醤油と溜まり醤油をベースにした特製たれでじっくり煮込んだ【二】は、山椒がきいており、ご飯にのせてもお茶漬けにしても美味。【三】は伏見とうがらしとたっぷりのちりめんじゃこを合わせ炊きにした一品。伏見とうがらしは下処理をしてから素揚げするというひと手間をかけており、じゃこの風味がよくしみています。

「お届け内容」
【一】鱧と湯葉の炊き合わせ×2袋

内容量(1袋):120g/主な具材:鱧、湯葉
【二】穴子の時雨煮×2袋
内容量(1袋):80g/主な具材:穴子、実山椒
【三】伏見とうがらしのじゃこ和え×2袋
内容量(1袋):80g/主な具材:伏見とうがらし、片口いわし
※【二】のご飯は商品に含まれません。

8月お届け【一】鱧の南蛮漬け/【二】鰊の甘露煮/【三】賀茂なすの田楽

でんぷんをまぶして揚げた鱧を南蛮酢に漬けた【一】は、淡泊な白身を優しい酸味が引き立てる、京都らしさあふれるおばんざいです。甘めのたれで鰊をじっくり炊き上げた【二】は、食べやすい大きさで骨までやわらか。蕎麦にのせれば鰊蕎麦が愉しめます。賀茂なすを素揚げしてから特製の合わせ味噌で田楽に仕立てた【三】。「なすの女王」と呼ばれる賀茂なすは、ボリュームがあり食べごたえも充分です。

「お届け内容」
【一】鱧の南蛮漬け×2袋

内容量(1袋):120g/主な具材:鱧、玉ねぎ、ねぎ、とさかのり
【二】鰊の甘露煮×2袋
内容量(1袋):80g/主な具材:鰊、唐辛子
【三】賀茂なすの田楽×2袋
内容量(1袋):50g/主な具材:賀茂なす/田楽味噌(別添)30g×2袋
※【三】の笹の葉は商品に含まれません。

9月お届け【一】京湯葉と鰊の炊き合わせ/【二】鰆の西京味噌煮/【三】九条ねぎの酢味噌和え

【一】は湯葉の繊細な味を大切にするため、鰊と別々に炊き上げて最後に合わせています。肉厚の鰆を合わせ味噌で調理した【二】は、やわらかく仕上がった身にしっかり味がしみ込んでいます。九条ねぎの旨みのもとである粘りを損なわないよう、さっと茹でてから自家製の酢味噌で和える【三】。さっぱりした風味で九条ねぎの甘味としゃきしゃきした食感も愉しめる、京都らしい一品です。

「お届け内容」
【一】京湯葉と鰊の炊き合わせ×2袋

内容量(1袋):120g/主な具材:湯葉、鰊、唐辛子
【二】鰆の西京味噌煮×2袋
内容量(1袋):70g/主な具材:鰆
【三】九条ねぎの酢味噌和え×2袋
内容量(1袋):60g/主な具材:九条ねぎ/酢味噌(別添)20g×2袋
※【二】の花穂じそは商品に含まれません。

10月お届け【一】京湯葉とちりめんの煮物/【二】鯖の西京焼き/【三】京壬生菜とお揚げの炊き合わせ

やわらかい湯葉とちりめん山椒を炊き合わせた【一】は、ぴりりとした山椒の風味が食欲をかき立てます。西京味噌をベースに仕上げた味噌床に鯖を丸一日以上漬け込んでから焼いた【二】。身はしっとりとやわらかく、鯖の旨みと味噌の風味が調和した美味しさです。京壬生菜を油揚げと一緒に軽く炊いた【三】は、瑞々しい京壬生菜の歯ごたえが魅力。ひと口食せば、油揚げの甘さと出汁の風味が広がります。

「お届け内容」
【一】京湯葉とちりめんの煮物×2袋

内容量(1袋):100g/主な具材:湯葉、片口いわし、実山椒
【二】鯖の西京焼き×2袋
内容量(1袋):70g/主な具材:鯖
【三】京壬生菜とお揚げの炊き合わせ×2袋
内容量(1袋):80g/主な具材:壬生菜、油揚げ
※【二】の笹の葉は商品に含まれません。

11月お届け【一】京湯葉としめじの炊き合わせ/【二】鰆の西京焼き/【三】聖護院かぶの酢の物

人肌程度のお湯で丹念に戻した湯葉をたっぷりの出汁で炊き上げ、別に炊いたぶなしめじと最後に合わせて仕上げた【一】。国産の貴重な鰆を京都の西京味噌をベースにした味噌床でじっくり漬け込んで焼いた【二】。味がよくしみ込んだ身は、箸ですっと切れるほどの柔らかさと弾力が愉しめます。聖護院かぶを銀杏切りにして酢の物にした【三】。わかめと人参をあしらい、見た目と食感のアクセントにしています。

「お届け内容」
【一】京湯葉としめじの炊き合わせ×2袋

内容量(1袋):120g/主な具材:湯葉、ぶなしめじ
【二】鰆の西京焼き×2袋
内容量(1袋):70g/主な具材:鰆
【三】聖護院かぶの酢の物×2袋
内容量(1袋):80g/主な具材:聖護院かぶ、わかめ、人参
※【二】の南天の葉は商品に含まれません。

12月お届け【一】甘鯛の西京焼き/【二】鮪と牛蒡の炊き合わせ/【三】九条ねぎとお揚げの酢味噌和え

酒水と塩で下処理をした甘鯛を、白味噌ベースの味噌床に漬け込んで焼き上げた【一】。脂がのりふっくらとした甘鯛の食感は絶品です。鮪と牛蒡を別々に炊いて最後に合わせた【二】は、しっかりとした味付けでご飯と好相性。西京味噌に醸造酢を加えた酢味噌で九条ねぎと油揚げを和えた【三】。歯ごたえのある九条ねぎと味のしみた油揚げのコントラストが愉しめ、甘味と酸味が調和した上品な味わいです。

「お届け内容」
【一】甘鯛の西京焼き×2袋

内容量(1袋):70g/主な具材:甘鯛
【二】鮪と牛蒡の炊き合わせ×2袋
内容量(1袋):120g/主な具材:鮪、牛蒡
【三】九条ねぎとお揚げの酢味噌和え×2袋
内容量(1袋):80g/主な具材:九条ねぎ、油揚げ、人参
※【一】の南天の葉は商品に含まれません。