閉じる

カートに商品が入りました。

  • お手元のカタログで購入
  • オンラインカタログを見る最新カタログをオンラインでご覧いただけます。
  • オンラインショップ

  • Zekoo

商品番号:976-722

工房藍木野

絣市松柄・横ピンタックワンピース

95,040円(税込)

横ピンタックがアクセントになった、ツーピースのような一着。

上品な和紫の市松模様が、懐かしくもモダンな印象を醸し出すワンピース。シンプルな中に味わい深さを感じさせる、くくりと織りの技術が活きた一着です。反物を手がけたのは、明治31年創業の〈野村織物〉。伝統を継承しつつ、色彩の幅を活かした新たな織物を生み出すことにも意欲的な老舗織元です。
製作は、まず経糸を白と黒に、緯糸を白と和紫にくくりで染め分けます。この絣糸を使って織っていくのですが、それぞれ絣糸と和紫一色の糸を交互に配していくことで、経緯に細かく線が入った趣のある柄に仕上げました。
デザインの特徴は、高めのウエスト位置に6本施した横ピンタック。太いベルトを締めたような効果で、ゆったりとしたシルエットでありながら、すっきりとスタイルよく見せてくれるのです。細かな市松柄に、柄合わせが見事なピンタックを施したのは井上馨さん。このピンタックひとつにも、50年以上もの縫製歴が培った高度な技術が窺えます。
首元を美しく見せ、アクセサリー使いも愉しめるクルーネックや、肘まわりをカバーする軽やかな六分袖も嬉しいポイント。涼しくなってきた時には、インナーを長袖にして重ね着も愉しめます。友人との食事会など、普段よりおめかししたい場にもぴったり。他ではなかなか見ないデザインなので、「ちょっと変わった久留米絣が欲しい」という方にもお薦めです。

シェアする

カラー(タイプ) 01:白×和紫系
サイズ 09:F(フリー)
素材 綿100%
原産国 日本
仕様 背面ファスナー開閉/ポケットは両脇に1個ずつ
その他 手洗い可
※素材の特性上、摩擦や汗などで色落ちや色移りする場合があります。
※柄の出方が写真と異なる場合があります。

縫製 井上馨さん

縫製歴50年以上。オーダーメイドの紳士服、高級婦人服の一点ものなどを手がけてきたベテラン職人。小さな絣柄の1mmまでこだわり、細部まで気を配って美しい服を生み出しています。

織元 野村哲也さん

創業明治31年の〈野村織物〉の三代目。熟練の手仕事で久留米絣の可能性を広げています。

〈工房藍木野〉吉田秀子さん
30年ほど前、母の介護のために帰った久留米で久留米絣の収集を始め、母亡き後は、ボランティアで久留米絣の洋服を望まれるままに製作していました。織元さんや友人たちに背中を押され、〈工房藍木野〉を立ち上げて20数年、お客様はもちろん多くの人たちからの助けを得て今の〈工房藍木野〉はあります。
日本の着物が今なお受け継がれているのは、シンプルであるがゆえ、半衿や帯、帯締め、帯揚げなどの小物で多様に変化を付けられる点にあるのではないでしょうか。私はそれを〈藍木野〉の洋服で表現したいと思います。〈藍木野〉の服には、20年前から変わらないデザインのものがいくつもあります。お客様がそれぞれに、自分らしく愉しんでいただけたら嬉しいです。感謝を込めて。