閉じる

カートに商品が入りました。

  • お手元のカタログで購入
  • オンラインカタログを見る最新カタログをオンラインでご覧いただけます。
  • オンラインショップ

  • Zekoo

商品番号:976-810

工房藍木野

白樺絣縞・ビッグワンピース

93,960円(税込)

紫色の縞が涼しげで上品。夏に相応しい爽やかな白樺絣。

伝統を継承しつつ、現代的な久留米絣柄の開拓にも意欲的な〈西原織物〉。同織元が手がける白樺絣の反物は、あたかも白樺の木肌のような絣柄が特徴的です。
こちらは、白樺絣に淡い紫の縦縞を組み合わせた作品。節のある糸使いでよろけたように見える縞が陽の光に映え、上品な印象を醸し出します。デザインはシンプルなワンナップカラー。ゆったりとしたシルエットとフレンチ袖が涼しげな装いを演出します。二の腕をさりげなくカバーする少し長めの袖丈も嬉しいポイントです。仕立ては〈工房藍木野〉のベテラン縫製職人、秋好清広さん。柄合わせの美しさに高度な技術と丁寧な仕立てが窺えます。
一枚で肌に心地よい風合いを愉しむのはもちろん、袖が長めのインナーとの重ね着もお薦め。見た目にも爽やかなので、街着やお出かけ着として、大活躍させてほしい一着です。

シェアする

カラー(タイプ) 01:パープル系
サイズ 09:F(フリー)
素材 綿100%
原産国 日本
仕様 ポケットは前面に2個/前面・背面中央裾スリット
その他 手洗い可
※素材の特性上、摩擦や汗などで色落ちや色移りする場合があります。

織元 西原俊明さん

創業明治28年の織元〈西原織物〉の四代目。「これからも新しい柄や糸使いを取り入れた、より多くの方に喜んでもらえる布地作りを続けていきます」。

縫製 秋好清広さん

30年以上の縫製歴を誇る〈工房藍木野〉のベテラン縫製職人。柄合わせの美しさには定評があります。「今までに〈工房藍木野〉の仕事ほど、細やかな心配りのある縫製をしたことはないですね」。

〈工房藍木野〉吉田秀子さん
30年ほど前、母の介護のために帰った久留米で久留米絣の収集を始め、母亡き後は、ボランティアで久留米絣の洋服を望まれるままに製作していました。織元さんや友人たちに背中を押され、〈工房藍木野〉を立ち上げて20数年、お客様はもちろん多くの人たちからの助けを得て今の〈工房藍木野〉はあります。
日本の着物が今なお受け継がれているのは、シンプルであるがゆえ、半衿や帯、帯締め、帯揚げなどの小物で多様に変化を付けられる点にあるのではないでしょうか。私はそれを〈藍木野〉の洋服で表現したいと思います。〈藍木野〉の服には、20年前から変わらないデザインのものがいくつもあります。お客様がそれぞれに、自分らしく愉しんでいただけたら嬉しいです。感謝を込めて。