上質な大人のための通販サイト

閉じる

カートに商品が入りました。

  • お手元のカタログで購入
  • オンラインカタログを見る最新カタログをオンラインでご覧いただけます。
  • オンラインショップ

  • for Ladies

商品番号:286-022

川島織物セルコン

重宝裂ハンドバッグ/狩猟紋錦

33,000円(税込)

西陣織で宮殿装飾を担った〈川島織物セルコン〉の矜持

天保14年(1843年)創業の西陣織の老舗〈川島織物セルコン〉からお届けするのは、古来の織物にある草樹花紋の間に、馬を駆って狩猟する貴族たちの姿が描かれた「狩猟紋錦」をモチーフにした「重宝裂ハンドバッグ」。愛らしい紋様に漂う気品をお愉しみください。

シェアする

カラー(タイプ) 01:ゴールド
サイズ(約) 01:*
横29cm×高さ19cm×幅10cm
重さ(約) 305g
素材 絹、裏地=レーヨン
原産国 日本
仕様 マグネットによる開閉/メイン収納部の前後にファスナーポケット1個ずつ(片方の内側にファスナーポケット1個)、内側にオープンポケット2個/ハンドルの高さ=約16cm
その他 ※柄の出方が写真と異なる場合があります。
明治21年、明治天皇のお住まいとして落成した明治宮殿。その室内装飾の織物を納入したのが天保14年(1843年)創業の西陣織の老舗〈川島織物セルコン〉です。二代川島甚兵衞の時、本格的に織物製造に参入。欧州視察で得た技術を活かして万国博覧会に出展し数々の賞を受賞。明治24年には宮内省御用達国内第一号を賜りました。現在は和装や室内装飾製品ほか劇場の緞帳も多数製作し、製織技術が高く評価されています。また、美術織物の修復、復元にもその技術を継承。1994年から2004年にかけて、奈良の正倉院に保存される約1300年前の正倉院裂を、当時使われていた材料の調査や試し織り、文様を再現する手織り機の調整などをおこない、復元模造することに携わりました。

明治37年、セントルイス万国博覧会に出展した「若冲の間」。