閉じる

カートに商品が入りました。

  • お手元のカタログで購入
  • オンラインカタログを見る最新カタログをオンラインでご覧いただけます。
  • オンラインショップ
  • ホーム > 
  • 頒布会 > 
  • 野崎洋光総料理長監修 「贅沢ご飯」12ヵ月頒布会

  • 頒布会

商品番号:073-674

分とく山

野崎洋光総料理長監修 「贅沢ご飯」12ヵ月頒布会

お支払総額67,392円(税込)
(税抜価格 62,400円)
毎回5,616円(税込/梱包配送料込)

ふっくらと炊き上がったご飯を、さらに美味しくなるように工夫した、至福の味わいに満ちた一膳です。

「分とく山」のご飯がかくも美味しい秘密とは。
東京・南麻布にある日本料理の名店「分とく山」は、「ミシュランガイド東京」で10年連続星を獲得。季節の食材をふんだんに活かした料理はもちろん、コースの最後に供されるひと工夫もふた工夫も凝らされたご飯の美味しさで多大な人気を誇っています。
「米がふっくらと炊き上がったときの香りや口に含んだときの甘み、ほどよい粘り、日本の米は最高です」と語るのは、「分とく山」総料理長の野﨑洋光氏。こだわりの米で炊いたご飯を、さらに美味しくなるように工夫したのが、ご飯におかずをのせた「のっけめし」や具を混ぜ込む「混ぜめし」です。
「のっけめしは、口の中で具がご飯粒となじむように、具のやわらかさや大きさ、とろみなどを考慮しています。混ぜめしは、空気を含ませるように具をさっくりと混ぜ込みます。ご飯に甘みがあるので、具には塩気のあるものや香味野菜などを合わせます」
そしてもうひとつ。「その季節ならではの具を炊き込んだり、季節を感じさせてくれる香りのものを添えると、美味しさもさらにぐんと増すのです」口に含んだときに、ほっこりとほぐれるご飯と具の見事な調和。そして季節の香りを感じる幸せ──。
「分とく山」のご飯が美味しい秘密は、野﨑氏のご飯に対する限りなく深い想いにあるのです。

「風味が格別」と野﨑氏が絶賛。米はコシヒカリ「伝」を使用。
「分とく山」では、米は「かやもり農園」が手がけた「新潟産植酸栽培コシヒカリ『伝』」を使用しています。
「日本の米は過去の歴史の中でも、現在、最高水準にあると思いますが、中でも『伝』は格別です。まず風合いがよいのと、食べたときに口の中でご飯がほぐれてゆく感じが絶妙なのです」と野﨑氏。
植酸とは植物自身が生きるために根から分泌する有機酸のこと。この植酸を効果的に使って栽培した「伝」は、嚙んだときに弾力があり、食べ終わってからもほのかに甘みが残るなど、「コシヒカリの味を、さらに凝縮したかのよう」とのことです。

お店と同じコシヒカリ「伝」を使ったご飯を楽しめる12ヵ月。
ご紹介する「『分とく山』の贅沢ご飯」は、野﨑氏のこだわりに満ちたご飯をご家庭で手軽に味わえる、まさに贅沢な12ヵ月の頒布会です。電子レンジで温めるだけで、美味しく召し上がれるように炊き方から工夫しました。また季節を感じられるよう、魚や野菜をバランスよく取り入れて構成。混ぜご飯やのっけめしなど、野﨑氏のご飯に対する愛情が込められた全16種類の様々な味わいが魅力です。ご飯を味わうひとときが心より楽しくなる「贅沢ご飯」、ぜひご堪能ください。
お届け期間/回数 期間:12ヵ月/回数:12回
お申込み締切日 2017年10月31日(火)
お届け開始日 2017年11月下旬からお届け開始
※アレルギー物質
についてのご注意
原材料の一部に卵、小麦、えび、大豆、鮭、牛肉、鶏肉、豚肉、りんご、胡麻を含みます。詳しくは商品個々の表示をご確認ください。
その他 ※価格には冷凍便梱包配送料が含まれています。
●2017年11月から2018年10月までの12ヵ月間、毎月下旬に商品をお届けいたします。

シェアする

※ご購入前にご確認ください※

冷凍便

賞味期間:冷凍で90日/国産米使用/日本製

※具材の大きさ、形状は写真と異なる場合があります。
※頒布会商品につき、途中退会はご容赦ください。
※商品の交換・返品はお受けできません。
※ご注文後に「お届けに関するご案内」メールをお送りいたしますので、お届け期間をご確認ください。
※この商品は、島しょ地域にはお届けできません。
●写真は調理・盛り付け例です。食器・トッピング類等は商品に含まれません。
●賞味期間は商品お届け後の期間ではありませんのであらかじめご了承ください。
●梱包配送料込みの商品を除き、お届けには別途梱包配送料を申し受けます。

電子レンジで温めるだけで お召し上がりいただけます。

お届けした容器は電子レンジ対応になっています。フタを外し、上にラップをかけて、そのまま温めるだけで簡単に出来上がります。

レンジで温めた後、ラップをかけたまま約2分間蒸らすとより美味しく召し上がれます。後片付けも簡単です。

【定番のご飯】素朴ながら後をひく美味しさのお肉のご飯。

【1月、5月、9月】牛そぼろご飯

生姜と白胡麻が香る、しっかりとした味わいの「大人のそぼろご飯」です。甘辛く味付けした牛そぼろは、しっとりした舌触りで、肉の旨みを存分に感じられる美味しさ。和風仕立てのご飯が、牛そぼろの風味をより引き立てています。
■内容量(1個):160g/主な具材:牛挽肉、生姜、白胡麻

【2月、6月、10月】肉南蛮ご飯

和風出汁をきかせたカレー風味が、食欲をそそる一膳です。あんかけ風のカレーを豚肉と玉ねぎに合わせ、同じくカレー粉と和風出汁で味付けしたご飯の上にのせました。どこか懐かしい蕎麦屋のカレーのようなやさしい味わいです。
■内容量(1個):160g/主な具材:豚肉、玉ねぎ、いんげん、白ねぎ

【3月、7月、11月】鶏ご飯

香ばしく照り焼きにした鶏肉が主役の鶏ご飯は、飽きのこない美味しさです。口に広がるやわらかい鶏肉の旨みと、筍、人参、油揚げを混ぜ込んだご飯は好相性。筍がほどよく食感に変化を与えてくれています。
■内容量(1個):160g/主な具材:鶏もも肉、筍、人参、油揚げ、生姜

【4月、8月、12月】豚角煮ご飯

豚肉の表面を焼いて蒸した後、じっくりと時間をかけて煮込んだ豚角煮は、肉の旨みと煮汁が調和し、上品でコクのある味わいです。ごぼう、人参、松の実を混ぜ込んだ風味豊かなご飯に、やわらかな豚肉がよく合います。
■内容量(1個):160g/主な具材:豚ばら肉、ごぼう、人参、松の実、生姜

【季節のご飯】四季折々の食材の美味しさが際立ち、彩りも豊か。

【1月お届け】鯛ご飯

「お届け内容」
鯛ご飯×2個、牛そぼろご飯×2個

薄味のご飯に鯛の身をほぐしながら食す秀逸な味。
香ばしく皮目に薄い焼き色をつけて旨みを閉じ込めた鯛が美味しい豪華なご飯です。薄口醤油、清酒を入れて炊き込んだご飯は、鯛の旨みが感じられる上品な味付け。鯛の身をほぐしながら、ご飯と一緒にお召し上がりください。
■内容量(1個):160g/鯛ご飯の主な具材:鯛、三つ葉、木の芽

【2月お届け】牡蠣ご飯

「お届け内容」
牡蠣ご飯×2個、肉南蛮ご飯×2個

酒蒸しした国産牡蠣の濃厚な味わいが美味。
国産牡蠣を、酒蒸ししてふっくらと仕上げました。ご飯に混ぜたごぼうと人参が、牡蠣の凝縮した旨みと香りをより力強く引き出して、贅沢な味わいに。「海のミルク」とも言われる牡蠣を存分にご賞味ください。
■内容量(1個):160g/牡蠣ご飯の主な具材:蒸し牡蠣、ごぼう、人参、生姜

【3月お届け】筍ご飯

「お届け内容」
筍ご飯×2個、鶏ご飯×2個

山椒の香り豊かな春の訪れを告げる筍ご飯。
春の息吹を感じさせる筍と、野﨑氏が「和風のベーコン」とたとえる油揚げを和風出汁で煮込み、ご飯に混ぜ込みました。筍の風味とやわらかい食感、油揚げの旨みが一体になったやさしい味の中に、山椒の香りが広がる繊細な逸品です。
■内容量(1個):160g/筍ご飯の主な具材:筍、油揚げ、山椒佃煮

【4月お届け】桜海老ご飯

「お届け内容」
桜海老ご飯×2個、豚角煮ご飯×2個

桜海老と錦糸玉子の彩りが美しい季節の味。
国産の新鮮な桜海老をふんだんに使い、三つ葉、錦糸玉子を彩りに加えた、見た目にも楽しいご飯です。桜海老の風味とほのかな甘みが、ご飯の上で美味しさを奏でる、春らしいこの時季ならではの味わいをご堪能ください。
■内容量(1個):160g/桜海老ご飯の主な具材:桜海老、卵、三つ葉、大葉、白胡麻

【5月お届け】浅利ご飯

「お届け内容」
浅利ご飯×2個、牛そぼろご飯×2個

爽やかな潮風を感じる、浅利と海苔の豊かな味わい。
浅利と海苔をたっぷりのせた、磯の香りに満ちたご飯です。生姜と清酒で炊いた浅利はふっくらとして、独特の旨みが際立っています。浅利と海苔の風味が絶妙なこの一膳は、爽やかな季節によく合い、箸が進む美味しさです。
■内容量(1個):160g/浅利ご飯の主な具材:浅利、生姜、ねぎ、海苔

【6月お届け】きつねご飯

「お届け内容」
きつねご飯×2個、肉南蛮ご飯×2個

油揚げと胡椒の組み合わせ。新鮮な味わいの、きつねご飯
ごぼう、人参、グリーンピースを混ぜ込んだご飯の上に、甘辛く煮付けた、食べやすい大きさの油揚げをのせました。油揚げの上に胡椒をきかせたご飯は、新鮮さと、どこか懐かしい美味しさを感じさせてくれます。
■内容量(1個):160g/きつねご飯の主な具材:油揚げ、ごぼう、人参、グリーンピース

【7月お届け】鰻ご飯

「お届け内容」
鰻ご飯×2個、鶏ご飯×2個

香ばしく焼いた鰻が絶品。実山椒の佃煮の風味も格別。
国産の鰻を、香ばしく焼き上げ、ふっくらとやわらかく仕上げました。すっきりとした味わいの鰻のタレが、脂のりのよい鰻の旨みを引き出しています。白胡麻と一緒にご飯に混ぜ込んだ実山椒の佃煮の清涼感が食欲をそそります。
■内容量(1個):160g/鰻ご飯の主な具材:鰻蒲焼、山椒佃煮、白胡麻

【8月お届け】蛸ご飯

「お届け内容」
蛸ご飯×2個、豚角煮ご飯×2個

ぷりぷりした食感の飯蛸に生姜と海苔が香る。
弾力を残してやわらかく茹でた飯蛸のぷりぷりとした食感と奥深い味が楽しめる一品です。昆布出汁がきいたご飯の上にたっぷりのせた飯蛸と、針生姜、海苔の風味が一体となり、ひと口食すと磯の香りが広がります。
■内容量(1個):160g/蛸ご飯の主な具材:飯蛸、生姜、海苔、しそ

【9月お届け】焼き鳥ご飯

「お届け内容」
焼き鳥ご飯×2個、牛そぼろご飯×2個

甘さ控えめのタレが絶妙。香ばしい焼き鳥に舌鼓。
甘さを抑えた和風タレで香ばしく焼き上げた鶏もも肉は、やわらかく、口の中でじわっと旨みが広がって、食べごたえも十分。ご飯に混ぜた山椒佃煮が、鶏肉の風味をより増しています。彩りにアスパラガスを添えています。
■内容量(1個):160g/焼き鳥ご飯の主な具材:鶏もも肉、アスパラガス、白ねぎ、山椒佃煮、紅生姜、海苔

【10月お届け】きのこご飯

「お届け内容」
きのこご飯×2個、肉南蛮ご飯×2個

5種類のきのこがたっぷり。深みある味わいの一膳。
5種類のきのこをふんだんに使用し、彩りに油揚げと人参を入れた、風味豊かで、食感も楽しい混ぜご飯です。複数のきのこを混ぜ込んだご飯は、一層深みのある味わいに。秋を感じさせる自然の旨みを存分にご堪能ください。
■内容量(1個):160g/きのこご飯の主な具材:エリンギ、しいたけ、えのき、まいたけ、しめじ、油揚げ、人参、白胡麻

【11月お届け】海ご飯

「お届け内容」
海ご飯×2個、鶏ご飯×2個

具材が見事に調和した、海を感じる豊かな風味。
野﨑氏が命名した「海ご飯」は、海の恵みを感じられる一膳です。鮭、白胡麻、もみ海苔、削り節を、炒って香ばしく味付けし、ちりめんとともにご飯に混ぜました。具材とご飯の組み合わせが絶妙な、滋味深い味わいをお楽しみください。
■内容量(1個):160g/海ご飯の主な具材:鮭フレーク、ちりめん、白胡麻、海苔

【12月お届け】海老天玉ご飯

「お届け内容」
海老天玉ご飯×2個、豚角煮ご飯×2個

天丼のごとき味わいに料理人の工夫を楽しむ。
「分とく山」のまかない料理から誕生したご飯です。海老と天かす、青ねぎを和風出汁で煮込み、玉子でとじました。ぷりぷりとした海老の食感、天かすの旨みとコクが玉子と見事に調和し、甘みのあるご飯とも好相性。箸が進む美味しさです。
■内容量(1個):160g/海老天玉ご飯の主な具材:卵、バナメイ海老、ねぎ、天かす


「分とく山」総料理長 野﨑 洋光氏
1953年福島県生まれ。武蔵野栄養専門学校を卒業後、「東京グランドホテル」、「八芳園」、「とく山」の料理長を経て、1989年、東京・麻布に「分とく山」を開店し総料理長に。「美味しい方程式」「和のおかず決定版」「野﨑洋光の一膳ごはん」など著書多数。
グループで気兼ねなくお食事を楽しみたい方のために、離れの個室をご用意。
「素材の味を活かすために、夕方5時の開店に合わせ、ぎりぎりまで仕込みは控えています。四季の食材を活かしたコース料理のみですが、お客様の苦手な料理をお聞きし、その都度若干変えています」とのこと。

「伝」は、米本来の美味しさを 自然のままに引き出しています。

「新潟産植酸栽培コシヒカリ『伝』」を手がける「かやもり農園」が米づくりを始めたのは、元禄13年(1700年)のこと。美味しいお米を目指して、土壌づくりからこだわり、平成8年には、植物が根から分泌している有機酸を土壌や作物に与えて、自然の成長力と免疫力で稲を実らせる植酸栽培に切り替えました。現在はここに、産卵を終えた鮭を丸ごと焼いて発酵させ、良質な有機肥料にしたものを加えています。丹精込めて育てた「伝」は、野﨑氏も「作り手の顔が見える安全安心のお米です。本物の米の味が感じられます」と信頼を置いています。

ふっくらと炊き上がり、冷めても食味が落ちにくい「伝」。米の粒が大きいのも特徴です。

「世の中に安全な食への意識をもっと広めたい」と語る「かやもり農園」の萱森教之氏。